消費者金融ALLガイド

消費者金融やキャッシングを利用するのが初めての人も何でもわかる!

お金の借り入れにはクレジットカードキャッシングよりもカードローンがおすすめです!

      2016/12/14

クレジットカードキャッシングよりもカードローン

最近のクレジットカードにはお金を借り入れることができるキャッシング機能が付帯することが一般的なのですが、クレジットカードのキャッシングについては通常のカードローンとは異なる部分があります。どちらも利用限度額の範囲内で自由にお金を借りることができるのですが、利用条件などについては詳細が異なるのです。今回はクレジットカードのキャッシングの特徴について、カードローンと比較しながら確認してみたいと思います。

目次

金利の条件には特に注意が必要です!

クレジットカードのキャッシングを利用する場合には、特に金利について注意が必要になります。金利についてはクレジットカードのキャッシングもカードローンもそれほど違わないと考えている人が多いのですが、実際にはクレジットカードのキャッシングの方が金利が高く不利になるのです。

使いやすいことによる借り過ぎに注意してください

カードローンについてはネガティブなイメージが強く、利用することに抵抗を感じる人が多いようです。一方のクレジットカードの場合には利用することにあまり抵抗を感じないため、安易にキャッシングを利用をしてついつい借り過ぎてしまう人が多くなっています。クレジットカードのキャッシングはクリーンなイメージで使いやすいのですが、使いやすいことによる借り過ぎにはくれぐれも注意が必要です。

クレジットカードのキャッシングで返済不能に陥ってしまう人が多くなっています

実際の利用者の口コミなどを確認してみると、クレジットカードのキャッシングでいわゆる借金地獄に陥ってしまう人が多いようです。カードローンもクレジットカードもいずれも審査の結果利用が認められるものですから、いずれの場合にも社会的信用が認められたということになります。しかしクレジットカードはクリーンなイメージで使いやすい一方で、カードローンはネガティブなイメージが強く慎重に利用する人が多いため、実際にはクレジットカードのキャッシングで返済不能に陥ってしまう人が多いのです。さらにクレジットカードのキャッシングの方がカードローンよりも金利が高いことなども、これらの結果に影響しているかもしれません。

借り入れそのものが目的であればカードローンの利用をおすすめします!

クレジットカードのキャッシングは本来、ちょっとした金額を一時的に借り入れることを前提としたものです。手軽に利用できる一方で利用限度額は限られますし、さらにカードローンよりも割高な利息が請求されることになります。クレジットカードはあくまでもショッピングなどを目的としたものですから、借り入れそのものが目的であればクレジットカードのキャッシングではなくカードローンを利用することをおすすめしたいと思います。

クレジットカードのキャッシングは金利が高く利用限度額が限られます

特に長期間の借り入れでは、カードローンを利用した方が有利になります。借り入れを利用する場合にはとにかくすぐにお金を借り入れたいと考える人が多く、一方で金利についてじっくりと検討する人は少ないようです。クレジットカードのキャッシングは気軽に利用することができるのですが、一方で利用限度額は少額に限られますので、すぐに利用枠を使い切って別の借り入れに申し込む人が多いのです。

クレジットカードのキャッシングにはリスクがあります

クレジットカードのキャッシングには中毒性があり、ついつい使いすぎて金銭感覚が麻痺してしまうことになります。キャッシングの利用条件などをあまり理解していなくても手軽に必要なお金を借り入れることができるため、「ちょっとだけ…」のつもりで借りているといつの間にか利用限度額を使い切ってしまい、別のカードローンなどからの借り入れで返済を行う「自転車操業」に陥ってしまうことになるのです。クレジットカードのキャッシングにはリスクがあるということをしっかりと理解して、借り入れはくれぐれも計画的に活用することを心がけてください。

クレジットカードのキャッシングはおすすめできません!

クレジットカードに付帯するキャッシングはいざという時に役立つ便利なものなのですが、緊急の場合以外には利用しないことをおすすめします。クレジットカードのキャッシングを利用するべきではない理由について、さらに詳しく確認してみましょう。

カードローンと比較するとクレジットカードキャッシングは不利になります

お金の借り入れができる金融商品としては、クレジットカードのキャッシングと同様に利用することができるカードローンが有利になります。いずれも利用限度額の範囲内で自由にお金を借りることができるのですが、クレジットカードのキャッシングとカードローンには明確な違いがあります。

クレジットカードのキャッシングはあくまでもお金を一時的に借りる(買う)ことを前提としたものであるため、金利などの条件が割高になっています。一方のカードローンはお金を短期または長期で借り入れることを前提としたものとなっていますので、比較的低金利で大きな金額を借り入れることができるのです。

金利が高くリボ払いが適用される場合もあります

カードローンの金利は4%~18%の幅広い範囲内で設定されていますし、さらに利用限度額も数十万円~数百万円の範囲内で設定されることになります。一方のクレジットカードのキャッシングでは金利はほとんどの場合18%で固定となっていますし、数百万円の利用限度額が認められることは難しいようです。

さらにクレジットカードのキャッシングでは返済にリボ払いが適用されることがあり、この場合にはさらに返済が長期化して利息の負担が大きくなってしまうことが多いのです。いずれにしてもクレジットカードのキャッシングは、カードローンと比較すると不利だといえるでしょう。

お金の借り入れが目的であればカードローンに申し込んでみてください!

クレジットカードのキャッシングには普段利用しているクレジットカードでそのまま借り入れを申し込むことができますので、便利で使いやすいと感じる人が多いようです。ただし使いやすい一方で金利や利用限度額などの条件は不利になりますので、お金の借り入れが目的であれば最初からカードローンに申し込むことを検討してみましょう。

カードローンではクレジットカードのキャッシングよりも低金利で大きな金額を借り入れることができますし、さらに30日間の無利息期間サービスが利用できる場合などもありますので、特に長期間の借り入れを利用する場合には金利の負担を抑えて手軽に借り入れを利用することができるのです。

あくまでもクレジットカードキャッシングは緊急の手段だと考えましょう

クレジットカードはとても便利なものなのですが、あくまでも買い物などのショッピングを目的として申し込むことをおすすめしたいと思います。お金の借り入れを目的とするのであれば、お金の借り入れに特化した金融商品であるカードローンに申し込んでみてください。クレジットカードのキャッシングについては、緊急時のための備えだと考えるようにしましょう。

お金を本気で借りるならカードローンが有利です

クレジットカードのキャッシングであっても、一時的に少額を借り入れてすぐに返済してしまうようにすれば、それほど大きな負担にはなりません。クレジットカードキャッシングは、あくまで緊急の手段として活用しましょう。ただし大きな金額を借り入れたり、さらにリボ払いで長期的に返済をしたりすると、金利の負担が大きくなって返済が厳しくなります。返済が滞ったりするとクレジットカードの利用を停止されたり、クレジットカードの契約そのものを強制的に解除されたりする場合もありますので、利用についてはくれぐれも慎重に考えることが必要なのです。

クレジットカードのキャッシングには様々な落とし穴があります!

クレジットカードのキャッシングは手軽で便利に利用することができるため、あまり深く考えずに利用している人が多いようです。ただし実際にはクレジットカードのキャッシングには様々な落とし穴がありますので、利用する際にはくれぐれも注意が必要をしてください。

海外でキャッシングを利用すると翌月一括で返済を請求されることになります

海外旅行などでお金が足りなくなった場合には、クレジットカードのキャッシングが役立ちます。現地の通貨を手軽に借り入れることができますし、返済は日本国内の口座から日本円で引き落とされますので、両替などの手間も省くことができてとても便利です。ただし海外でキャッシングを利用した場合には翌月一括で返済を請求されることが多いため、口座残高などが不足しないようにくれぐれも注意をしてください。

一括のつもりで利用してもリボ払いが適用される場合があります

逆に一括払いで返済するつもりで海外でキャッシングを利用したのに、その後勝手にリボ払いが適用されてしまう場合などもあるようです。リボ払いの利息は18%程度に設定されていることが一般的ですから、予想外の高額な利息の支払いが必要になります。可能であれば一括返済に変更をしてもらって、全額を一度に返済してしまうことをおすすめしたいと思います。海外でキャッシングを利用した場合の取り扱いはカード会社各社で異なりますので、よくわからない場合には事前に利用条件などをしっかりと確認しておくようにしましょう。

しっかりと確認をして落とし穴に引っかからないようにしましょう!

海外キャッシングに関してはクレジットカードの利用規約のわかりやすい場所に記載されていることが一般的なのですが、一部にはよくわからない場所にこっそりと記載しているカード会社などもあるようです。利用規約を隅から隅までしっかりと確認すればどこかには書いてありますので、落とし穴に引っかからないようにくれぐれも注意をしてください。またどうしてもわからないという場合にはクレジットカードの裏側に書いてある電話番号に電話をしてみてください。オペレーターの人が親切丁寧に一発で教えてくれます。

クレジットカードのキャッシングは利用しない設定を選ぶこともできます

最初からクレジットカードのキャッシングを利用する予定がないのであれば、キャッシングについては利用しない設定を選ぶことができます。具体的には申込書類のキャッシング欄に「0円」を記入すれば、キャッシング機能なしのクレジットカードに申し込むことができるのです。キャッシング機能なしで申し込むようにすればその分だけクレジットカードの審査には通りやすくなりますし、さらにその後カードローンや一般ローンなどの審査に申し込む場合にも有利になるはずです。

お金の借り入れが目的であればカードローンへの申し込みを検討してみましょう!

今回はクレジットカードのキャッシングの特徴についてカードローンと比較しながら確認しみましたが、いかがでしたでしょうか。クレジットカードのキャッシングとカードローンでは、金利の条件に大きな違いがあります。いずれも利用限度額の範囲内で自由にお金を借りることができるという点では共通なのですが、金利に関してはカードローンの方が圧倒的にお得になるのです。

クレジットカードのキャッシングでは、借り入れ条件にかかわらず金利は固定となっています。一方のカードローンではクレジットカードのキャッシングよりも割安な金利が設定されていることが多いですし、さらに借入金額が大きい場合には低い金利が適用されますので、その分だけ返済の負担を軽減できることになります。ちょっとしたお金が急に必要になった場合には、すぐに借り入れができるクレジットカードのキャッシングが便利なのですが、まとまったお金が必要な場合などには、有利な条件で借り入れを利用することができるカードローンへの申し込みを検討してみてください。

キャッシングランキング

プロミス

プロミス
実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間
※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要 ※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
プロミス

オリックス銀行カードローン

プロミス
実質年率 限度額 無利息 即日融資
1.7%~17.8% 最高800万円 -
※オリックス銀行カードローンは契約(完了)後、最短即日融資可能
オリックス銀行カードローン

アコム

アコム
実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 1~800万円
アコム

アイフル

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円
アイフル
レディースキャッシング

プロミスレディース

プロミス
実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間
※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要 ※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
プロミス

 - キャッシングコラム